2021年1月8日金曜日

音楽②:2020年紅白歌合戦の感想後編~嵐のすごさと表情が伝えてくれるもの~

 こんばんは。本日もどこにも行けなかった大晦日にみた紅白歌合戦について書かせていただきます。

今回の感想は表情の大切さについてです。音楽とは当然耳で聴くもので、私自身は基本的にあまりテレビを見ない人間なので、ライブを見に行くことは好きですが、音だけ聞いているということが多いです。今年久しぶりにテレビで、しかも家から出られないので大きいテレビを買って紅白を見ていました。

紅白を見ていて、そのテレビに大きく映しだされたアーティストの表情にものすごく惹きつけられました。中でも一番惹きつけられたのは嵐でした。

嵐は2020年をもって活動休止となるため、休止前の大仕事ということもあり、歌に入る前のMCでもこれまでの20年近い歩み、これまでの苦労や、この1年間の苦しみ、そいうものも含めて自分たちの人生だ、活動だ、それを乗り越えてまた明日以降に向かっていくということをメンバー全員が万感の思いを胸に抱き、メッセージとして語っているのを見て、とても感動しました。言葉にも力が入っていましたが、メンバーのその目の力の語るものの大きさに、思いの強さを感じました。

普段は音しか聴かず、基本的にはライブに一体して音楽番組をテレビではみない私ですが、表情がよく見えることでこんなにも感動するものかと、心打たれました。

私は30代の男性で、世代的にカラオケでLove so sweetとは歌っていたものの、そこまで嵐のファンというわけではありませんのでわかっていませんでしたが、これだけ強く人の心に訴えかけられる嵐だからこそ、日本のエンターテイメントの頂点にたてるのかということを思い知らされました。

もう1つ嵐がすごいと思ったのは、まじめに苦悩やそれを乗り越えようという意思、未来への希望や夢を語った後、3曲目のHappinessではちゃんとアイドルらしく笑顔と多幸感にあふれたステージを見せてくれて、悲しいまま終わらせなかったことです。メンバーの明るく楽しそうな笑顔でこちらまで楽しくなるようなステージを見せてくれたので、正真正銘のトップアイドルだということを思い知りました。

コロナの影響で音楽をライブで楽しんだりすることはできなくなりましたが、こうして画面越しに表情がよく見える環境で楽しむ音楽もよいものだなと、価値観を変えてもらったような気がします。



0 件のコメント:

コメントを投稿

10万かけて買ったゲーミングデスク・チェアーの感想・評価

在宅勤務をされている方で、肩こり、腰痛にお悩みの方は多いのではないかと思います。 私自身も、在宅勤務開始直後はロフトベッドの下のスペースにある小さい作業台にPCモニターを置いて、肘置きのない小さな椅子に座って作業していました。姿勢の悪い状態で長時間働いていたため、肩こり・腰痛がひ...